コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピルビン酸キナーゼ

栄養・生化学辞典の解説

ピルビン酸キナーゼ

 [EC2.7.1.40].ADPとホスホエノールピルビン酸からピルビン酸を生成する反応を触媒する酵素.Mg2+とKを必要とする.筋肉のM型,肝臓のL型のほかA型,S型のアイソザイムが知られている.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

ピルビン酸キナーゼの関連キーワードグアノシン三リン酸先天性溶血性貧血三輪史朗キナーゼ

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ピルビン酸キナーゼの関連情報