コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピルビン酸キナーゼ

栄養・生化学辞典の解説

ピルビン酸キナーゼ

 [EC2.7.1.40].ADPとホスホエノールピルビン酸からピルビン酸を生成する反応を触媒する酵素.Mg2+とKを必要とする.筋肉のM型,肝臓のL型のほかA型,S型のアイソザイムが知られている.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

ピルビン酸キナーゼの関連キーワードエネルギー代謝ポリADP-リボースシンテターゼADPリボシルトランスフェラーゼADPリボースキナーゼイノシン酸血小板カルニチンアシルトランスフェラーゼATPアデノシン三リン酸

ピルビン酸キナーゼの関連情報