コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピレンガ合同 ピレンガごうどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピレンガ合同
ピレンガごうどう

日本の漁業者共同出資になる北洋合同水産と,旧ソ連の公的機関5団体により 1988年に設立された合弁企業。サハリンのピレンガ川にサケ・マスの人工養殖場を建設しさらに水産加工にまで事業展開を図ることが狙い。ロシアの 200カイリ水域内における日本の漁業は,入漁料の高騰,規制措置の強化など厳しい環境下にある。そこで共同事業を通じて民間ベースで入漁を確保しようとするもので,ロシア側も経済の活性化につながるとあって意欲的な姿勢を示している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android