水産加工(読み)すいさんかこう

世界大百科事典 第2版の解説

すいさんかこう【水産加工】

水産食品製造のため水産動植物を利用・加工することをいうが,水産物原料とする飼肥料,医薬品,工用品などの製造も含めることがある。
【水産加工技術史】
 生鮮魚介類はそのまま食用に供するほか,ひじょうに腐敗しやすいため先史時代にすでに素干し煮干し塩蔵などの加工品が作られていたようである。歴史時代に入り《風土記》《延喜式》などにはこの時代に利用された魚介類,水産加工品の記載があるが,素干し品,煮干し品,塩蔵品のほか酢漬,すしなども出回りはじめた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報