コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水産加工 すいさんかこう

世界大百科事典 第2版の解説

すいさんかこう【水産加工】

水産食品製造のため水産動植物を利用・加工することをいうが,水産物を原料とする飼肥料,医薬品,工用品などの製造も含めることがある。
【水産加工技術史】
 生鮮魚介類はそのまま食用に供するほか,ひじょうに腐敗しやすいため先史時代にすでに素干し煮干し塩蔵などの加工品が作られていたようである。歴史時代に入り《風土記》《延喜式》などにはこの時代に利用された魚介類,水産加工品の記載があるが,素干し品,煮干し品,塩蔵品のほか酢漬,すしなども出回りはじめた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

水産加工の関連キーワードニコラエフスクナアムーレニジネアンガルスク被災地の水産加工業水産業協同組合グリムズビーかまぼこの日アークレイリハリファクスアバディーンレイキャビク浜中[町]オホーツクタルカワノコルサコフナホトカ舟山群島陸前高田寒天の日ベルゲンロストク

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水産加工の関連情報