コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水産加工 すいさんかこう

1件 の用語解説(水産加工の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

すいさんかこう【水産加工】

水産食品製造のため水産動植物を利用・加工することをいうが,水産物を原料とする飼肥料,医薬品,工用品などの製造も含めることがある。
水産加工技術史】
 生鮮魚介類はそのまま食用に供するほか,ひじょうに腐敗しやすいため先史時代にすでに素干し,煮干し,塩蔵などの加工品が作られていたようである。歴史時代に入り《風土記》《延喜式》などにはこの時代に利用された魚介類,水産加工品の記載があるが,素干し品,煮干し品,塩蔵品のほか酢漬,すしなども出回りはじめた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

水産加工の関連キーワード奥田譲保護水面水産学水産加工業食品工業水産植物水産動物畜産食品水産動植物の種苗マルヨ水産

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

水産加工の関連情報