入漁(読み)にゅうぎょ

精選版 日本国語大辞典「入漁」の解説

にゅう‐ぎょ ニフ‥【入漁】

〘名〙 他人や他の共同体が占有権を持つ漁場で漁業をすること。にゅうりょう。
※漁業法施行規則(明治三五年)(1902)二六条「他人の専用漁場に入漁したる者は」

にゅう‐りょう ニフレフ【入漁】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android