ピントグラス

大辞林 第三版の解説

ピントグラス

レフレックスカメラで、レンズ系からみてフィルム面と同距離におかれた磨りガラス板。この上に像を結ばせて映像の焦点を調節する。焦点ガラス。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ピント‐グラス

〘名〙 (brandpunt glas から)⸨ピントガラス⸩ 写真撮影の際、被写体の影像が感光材料面に焦点を結んでいるかどうかを確かめ、かつ構図なども決めるためのすりガラスの代理焦点面。焦点ガラス。〔フィルム写真術(1920)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android