コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピーターヘッド Peterhead

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピーターヘッド
Peterhead

イギリススコットランド東部,アバディーンシャー北東部の町。スコットランド最東の町で,北海に臨む。1593年建設され,港町として発展。19世紀初めまでに重要な捕鯨基地となり,その後ニシン漁の重要拠点となった。今日ではタラやヒラメなどの漁と水産加工が主で,イギリス最大の漁港の一つ。1970年代までは魚缶詰などの食品加工業や軽機械工業が主産業であったが,その後は北海油田の開発が町の経済を支えている。人口 1万7947(2001)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android