コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファインダー倍率 ふあいんたあはいりつ,ふぁいんだーばいりつ

1件 の用語解説(ファインダー倍率の意味・用語解説を検索)

カメラマン写真用語辞典の解説

ファインダー倍率

 ファインダー内に見えている被写体の像の大きさと、実際に肉眼で見た場合の被写体の大きさとの比率を表わす数字。ファインダー上の被写体と肉眼で見た被写体とが同じ大きさのときを1倍(等倍)と言う。1より数字が低い場合は、肉眼で見たときよりもファインダー内で見たほうが被写体が小さく見えることになる。  ただし、計測時の基準として、「焦点距離50mm、開放絞り値F1.4のレンズを装着し、視度は-1dpt、撮影距離が無限遠(∞)のとき」とされている。この基準は35mmフィルム一眼レフカメラの時代から使用され、その後登場したAPS-C相当のサイズ撮像素子や4/3型(フォーサーズ)の撮像素子を使用するデジタル一眼レフカメラにもそのまま適用された。  35mmフィルム一眼レフカメラまたはフルサイズデジタル一眼レフカメラでは、ファインダー倍率0.75倍程度が一般的なのに対し、APS-Cサイズ・デジタル一眼レフカメラのファインダー倍率は0.95倍前後とかなり大きい。一見、ファインダーで被写体が大きく見えるのかと思われがちだが、焦点距離が約1.5倍ほど長い75mmレンズ(カメラによって換算値は違う)で見ていると理解しなければならない。

出典|カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

ファインダー倍率の関連キーワードファインダー視野率バックファイアレンジファインダー電子ビューファインダー電子ファインダーノーファインダーユニバーサルファインダーファインダー視野率光学式ファインダー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ファインダー倍率の関連情報