コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無限遠 ムゲンエン

3件 の用語解説(無限遠の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

むげん‐えん〔‐ヱン〕【無限遠】

infinity》写真撮影において、被写体の距離が非常に遠方にあること。ピントを合わせるには、レンズの距離目盛を∞(無限大)にする。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

無限遠【むげんえん】

平面上の2直線は一般に一点で交わるが,平行なときは交点がない。そこで平行な2直線は無限遠点という仮想の点で交わると考える。また方向の異なる平行2直線は異なる無限遠点で交わるものとし,無限遠点はすべて仮想的な一直線上にあると考えて,これを無限遠線という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

カメラマン写真用語辞典の解説

無限遠

 被写体が非常に遠い距離にある場合、レンズの距離目盛を∞に合わせると、ピントが合う。こういう非常に遠い撮影距離のことを無限遠と言い、焦点距離の数千倍が実用上無限遠ということになっているが、その数値はメーカーによって多少違う。なお、レンズの距離目盛は∞を行きすぎるようになっているので、きちんと∞マークに合わせるか、ファインダーでちゃんとピント合わせをしたほうがいい。無限遠は日本語では無限大と呼ばれることもあるが、正確には無限遠である。また、英語のinfinityから「インフ」と略することも多い。

出典|カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

無限遠の関連キーワード望遠マクロ撮影距離計大昔太古天外万里被写体百里ワーキングディスタンス

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

無限遠の関連情報