コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファドル・アッラー・アスタラーバーディー Faḍl Allāh Astarābādī

1件 の用語解説(ファドル・アッラー・アスタラーバーディーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ファドル・アッラー・アスタラーバーディー【Faḍl Allāh Astarābādī】

1339‐93
シーア派系統の神秘主義教団フルーフィー教団の創設者。神秘主義思想の中に含まれる騎士道精神を発展的に解釈し,神秘主義者の支配する国家の設立を夢見たと伝えられる。コーランの文字(フルーフ)に神秘的解釈をし,彼自身が神の肉化したものと主張したので,フルーフィーḤurūfīと呼ばれるティムール朝の支配に反対し,剣でもって神の正義を地上に実現するという過激な思想を抱いたために,ティムールの子ミーラーンシャーに虐殺された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ファドル・アッラー・アスタラーバーディーの関連キーワードジャーミー神秘主義スーフィズムニコルソンルーミー神秘主義文学坐亡セマーイラクのスンニ派、シーア派イラクのスンニ派とシーア派

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone