コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファヤズ・テペ Fayaz-Tepe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ファヤズ・テペ
Fayaz-Tepe

ウズベキスタン南部,テルメズ市郊外の仏教遺跡。同じく仏教寺院址として知られるカラテペの北東 1kmの地点にある。 1968~76年,考古学者 L.I.アルバウムによって発掘された。 115m× 40mの建物は僧院,寺院,僧堂の3部分に分れ,この建物の北側に接してストゥーパがあった。この寺院址からは石灰岩のすぐれた仏坐像をはじめ,多くの彫刻,壁画断片,古代文字,古銭などが発見された。アルバウムはこの寺院が活動していたのは前1世紀末から後3世紀前半であり,4世紀初頭ササン朝の軍勢によって破壊されたと述べている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ファヤズ・テペの関連キーワード中央アジア美術

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android