コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寺院址 じいんし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寺院址
じいんし

寺院の堂塔などが廃滅した跡をいう。日本の寺院は,大部分が木造建築であったため,時代をさかのぼるにつれて,創建当時の姿をとどめるものはまれで,その跡に堂塔の基壇礎石,古瓦などが遺存している場合が多い。仏教が日本の歴史に占める位置は大きく,寺院址は歴史考古学の対象として早くから多大の関心が寄せられていた。その調査法には,現状調査,一部発掘,全面発掘などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

寺院址の関連キーワードカンダギリ・ウダヤギリ四天王寺址[大韓民国]ワット・マハーダトゥシャーバーズ・ガリーダンダーン・ウイリククチャ(庫車)遺跡ハラ・バルガスンスワート渓谷遺跡マイナマティ遺跡メハサンダ遺跡カラ・ホージョカシミール美術ファヤズ・テペタフティ・バイ益山弥勒寺址信濃国分寺跡下野薬師寺跡チランド遺跡ホータン遺跡上行寺東遺跡

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android