僧堂(読み)ソウドウ

百科事典マイペディアの解説

僧堂【そうどう】

禅宗寺院で僧が座禅修行する根本道場。古規の僧堂は中央に文殊観音などの像を安置し,周囲に座禅の席〈単〉を設け,修行僧はここで座禅・食事・就寝まで一切の生活を行った。この古規の僧堂を日本では最初に道元が山城興聖寺(こうしょうじ)に建立。他方,日本の臨済宗では禅堂と称し,座禅だけの道場で,食事や睡眠は別の寮舎で行い,本来の僧堂の性格とはちがうことが多い。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

そうどう【僧堂】

禅宗寺院の中心的な建物で、僧が座禅や寝起きをする場所。雲堂。撰仏場。 → 禅室

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

僧堂
そうどう

禅宗七堂伽藍(がらん)の一つ。禅修行の中心となる建物である。雲堂(うんどう)、禅堂、選仏場(せんぶつじょう)、枯木堂(こぼくどう)などともいう。中国の唐(とう)・宋(そう)の時代より、堂内の中央に聖僧(しょうそう)(主として文殊菩薩(もんじゅぼさつ)像)を安置し、周囲に単(たん)(坐禅(ざぜん)をする床)を配する。叢林(そうりん)に安居(あんご)を許された僧は、ここに畳一畳分を与えられる。曹洞(そうとう)宗の場合、修行僧は僧堂で起臥(きが)し、食事をし、坐禅する。臨済(りんざい)宗や黄檗(おうばく)宗では、食事は斎堂や庫院(くいん)でとるが、これは明(みん)代の規則に倣ったものである。[永井政之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の僧堂の言及

【寺院建築】より

…塔は伽藍後方に建てられ,安楽寺塔(上田市)は唐様(禅宗様)による八角三重裳階つきの珍しい例である。座禅修行の場である僧堂(禅室)や清浄のための浴室,東司(とうす)(便所)は東福寺に実例がある。書院などに二階建ての楼もできた。…

※「僧堂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

僧堂の関連情報