コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファルマン兄弟 ファルマンきょうだい

1件 の用語解説(ファルマン兄弟の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ファルマンきょうだい【ファルマン兄弟】

フランスの航空技術者。兄はアンリHenri Farman(1874‐1958),弟はモーリスMaurice Farman(1877‐1964)。とくに兄アンリは航空初期の先駆的飛行家としても有名である。ただし両親はパリ在住のイギリス人であり,アンリ自身も1937年まではイギリス国籍をもっていた。彼は最初芸術家を志し,次いで自動車レーサー,やがて飛行機の操縦にひかれた。機体はボアザン兄弟が製作したボアザン複葉であったが,1908年末にそれに補助翼を加え,ヨーロッパ最初の旋回飛行,次いで最初の1km飛行(500m往復)を行って賞金を得た。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ファルマン兄弟の関連キーワードアントワープオートジャイロナントフランソワクイーユフランスソワールマンデスフランス工藤富治近藤健男

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone