コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファンタスティック映画(読み)ファンタスティックえいが(英語表記)fantastic film; fantasy film

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ファンタスティック映画
ファンタスティックえいが
fantastic film; fantasy film

存在しそうもない人物や世界,起こりそうもない出来事を描く,言い換えれば,本来子供が抱くような想像や願望を満たす空想的・幻想的な映画。編集や特殊効果が重要な役割を担う。この種の映画は,フランスの G.メリエスの諸作品を筆頭に,映画史の草創期から成功を収めていたが,その後,裾野が広がり,今ではいくつかに下位区分されるまでになった。 (1) SF映画 (『未知との遭遇』〈1977年〉) ,(2) 恐怖映画 (『フランケンシュタイン』〈31年〉) ,(3) 冒険譚 (『シンバッド七回目の航海』〈58年〉) ,(4) おとぎ話的な空想物語 (『美女と野獣』〈46年〉) 。今日では,フランスのアボリアッツ映画祭や,これと提携した日本のファンタスティック映画祭など,この種の映画だけを対象にした映画祭も開催されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ファンタスティックえいが【ファンタスティック映画】

空想や幻想など非現実的な世界を描いた映画作品。 SF ・ファンタジー・ホラー映画など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ファンタスティック映画の関連情報