ファン・スウィーテン(英語表記)Gerhard van Swieten

世界大百科事典 第2版の解説

1700‐72
オランダ生れの,旧ウィーン医学派の開祖。ルーバン大学で哲学,ライデン大学で医学を学ぶ。ライデン大学講師だったが,1748年オーストリア女帝マリア・テレジアの侍医として招かれ,ウィーン大学医学部長に任ぜられた。大学を国家管理のもとに置き,解剖講堂,化学実験室,植物園の開設など,大改革を行った。著書《ブールハーフェの箴言(しんげん)の注解》は,1826年坪井信道により《万病治準》の題で和訳された。【古川 明】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android