コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファン・スウィーテン Gerhard van Swieten

世界大百科事典 第2版の解説

ファン・スウィーテン【Gerhard van Swieten】

1700‐72
オランダ生れの,旧ウィーン医学派の開祖。ルーバン大学で哲学,ライデン大学で医学を学ぶ。ライデン大学講師だったが,1748年オーストリア女帝マリア・テレジアの侍医として招かれ,ウィーン大学医学部長に任ぜられた。大学を国家管理のもとに置き,解剖講堂,化学実験室,植物園の開設など,大改革を行った。著書《ブールハーフェの箴言(しんげん)の注解》は,1826年坪井信道により《万病治準》の題で和訳された。【古川 明】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ファン・スウィーテンの関連キーワードラマッツィニクレメンス11世ライネカルロス[2世]キャラコ禁止法北方戦争インダス文明インノケンチウス12世カルロス2世カンタータ