コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファン・ヘームスケルク Maerten van Heemskerck

世界大百科事典 第2版の解説

ファン・ヘームスケルク【Maerten van Heemskerck】

1498‐1574
オランダの画家。ハールレム近郊に生まれ同市で没。ロマニストのファン・スコレルに師事し,みずからも1532‐36年ローマに留学してミケランジェロと古典古代芸術から強い感化を受けた。帰郷後の宗教画・神話画は激しい表現性に満ちており,初期マニエリスム的傾向がうかがえる。宗教的および寓意的版画の下絵作家としても重要な役割を果たした。【高橋 達史】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ファン・ヘームスケルクの関連キーワードバレンツ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android