ファース・オブ・フォース橋(読み)ふぁーすおぶふぉーすきょう(英語表記)Firth of Forth Bridge

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ファース・オブ・フォース橋
ふぁーすおぶふぉーすきょう
Firth of Forth Bridge

イギリス、スコットランドのエジンバラに近いフォース湾を横断する鉄道橋。橋梁(きょうりょう)史上19世紀の記念碑とされる名橋である。並行して二つの長大橋があり、普通は古いほうをさす。もう一つの吊(つり)橋はフォース道路橋とよばれ区別されている。ジョン・ファウラーおよびベンジャミン・ベーカーによって架設され、1889年に完成した。ゲルバートラス形式で、最大支間は約520メートルである。従来の錬鉄にかえて鋼材を使用し、主要圧縮部材をパイプ状にするなど、画期的な創意が盛り込まれており、現在も実用に耐えている。[堀井健一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android