コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

錬鉄/練鉄 レンテツ

3件 の用語解説(錬鉄/練鉄の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

れん‐てつ【錬鉄/練鉄】

よく鍛えた鉄。
炭素の含有量が0.2~0.02パーセント程度の軟鉄。鍛接性がよい。鉄線・釘などに用いる。鍛鉄。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

錬鉄【れんてつ】

パドル法で作られた鉄。内部のスラグを鍛錬によってしぼり出してから使用する。粘り強く,鍛接性がよい。日本古来の製鉄法による和鉄もこれに当たる。ともに今日ではすたれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

れんてつ【錬鉄 wrought iron】

日本独自の砂鉄製錬法である和鉄製造法によってもつくられていたが,主としてヨーロッパアメリカパドル炉でつくられていた鉄。錬鉄中には鉱滓(こうさい)含有量が多いのが特徴であり,その量は3~4%に達している。錬鉄は鋼製造の場合より低い温度で半溶融状でつくるから純度が高い。錬鉄の成分の一例を示せば(スウェーデンのダンネモラDannemora社製),炭素0.05%,ケイ素0.037%,マンガン0.108%,リン0.012%,硫黄0.006%程度である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の錬鉄/練鉄の言及

【鍛金】より

…銅やブロンズは鋳造して使われることのほうが多いが,カイロ博物館にあるペピ1世の等身大の銅像の胴部分や,前1世紀の〈バターシーの楯〉と呼ばれるケルトのブロンズ製楯は鍛造である。鉄の鍛造(鍛鉄wrought iron)は最も広く行われたが,銅,ブロンズ,金,銀に比べると,美術・工芸品に使われるよりも多くは農具,武器あるいは日常品や道具に作られてきた。しかし中にはケルト文化における剣のように,武器とはいえ,鍛金による別の金属の溶接(鍛接)と象嵌(ぞうがん)とによって美しく装飾を施されたものも多い。…

【製鉄・製鋼】より

…鋼と銑鉄(または鋳鉄)の区別は炭素濃度と,その鍛延性,可鋳性に依存している。また半溶融状態で製造された場合,焼入性の有無により錬鋼および錬鉄と分けて呼ぶことがある。しかし,これらの区別は必ずしも明確ではなく,共存する他元素の種類,濃度によっても変化する。…

【鉄】より

…かろうじて鉄鉱石に含まれる脈石を1200℃前後の溶融スラグにして鉄から不十分ながら分離することができた。こうして製造されたものが錬鉄(ルッペ,ブルーム)であった。こうした錬鉄の製造が西アジア,ヨーロッパ,アフリカの製鉄で,そこでは15,16世紀ころまで続いたのであった。…

※「錬鉄/練鉄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone