創意(読み)そうい

精選版 日本国語大辞典「創意」の解説

そう‐い サウ‥【創意】

〘名〙 新しく考え出した意見や見方。新しい思いつき。新しい工夫。
※装剣奇賞(1781)三「乗意〈〉其彫工鍛錬精到、に名人の域に至れり。奈良風の一変にて肉合彫(ししあひぼり)と云ものを(サウイ)(〈略〉ハジメテモノヅク)せり」
※古川ロッパ日記‐昭和九年(1934)三月二日「邦枝完二の『江戸役者』を読み上げた〈略〉邦枝の創作、その創意もよし」 〔論衡‐超奇〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android