創意(読み)そうい

精選版 日本国語大辞典「創意」の解説

そう‐い サウ‥【創意】

〘名〙 新しく考え出した意見や見方。新しい思いつき。新しい工夫。
※装剣奇賞(1781)三「乗意〈〉其彫工鍛錬精到、に名人の域に至れり。奈良風の一変にて肉合彫(ししあひぼり)と云ものを(サウイ)(〈略〉ハジメテモノヅク)せり」
※古川ロッパ日記‐昭和九年(1934)三月二日「邦枝完二の『江戸役者』を読み上げた〈略〉邦枝の創作、その創意もよし」 〔論衡超奇

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「創意」の解説

そう‐い〔サウ‐〕【創意】

新しい思いつき。独創的な考え。「創意を凝らす」「創意に富む」「創意工夫」
[類語]趣向新機軸考案案出創案発案工夫発明一工夫一捻り創見編み出す捻り出す

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「創意」の解説

【創意】そう(さう)い

新しい考え。〔論衡、超奇〕孔子記を得て以て春秋を作る。其の立義創、襃貶(はうへん)賞誅にんでは、復(ま)た記に因らざるは、眇思(べうし)(のづか)ら胸中より出づればなり。

字通「創」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android