コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フアナ Juana

世界大百科事典 第2版の解説

フアナ【Juana】

1479‐1555
一般に狂女フアナJuana la locaの名で知られる。スペインのカトリック両王の次女で,スペイン・ハプスブルク朝初代のカルロス1世(カール5世)の母。姉と兄の死によってカスティリャとアラゴンの王位を継承した(在位1504‐55)が,その後女性問題の絶えない夫フィリップへの嫉妬(しつと)が高じて精神に異常をきたし,父のフェルナンドから統治不能と見なされた。夫の死後病状はさらに悪化,1509年以後はトルデシーリャスの城に閉じこもり,ここで死去した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のフアナの言及

【ハプスブルク家】より

… その子マクシミリアン1世(神聖ローマ皇帝,在位1508‐19)は西方において77年ブルグント公女マリアとの結婚によって同公領を併せ,86年にはドイツ国王となる。その帝国改革は失敗に終わるが,96年その子フィリップ1世美公(1478‐1506)をスペイン王女フアナと結婚させ,孫のカール5世が1519年ドイツ国王に選出されたとき(翌20年神聖ローマ皇帝),スペイン王国との結合によるハプスブルク世界帝国が実現する。加えて東方に対しても孫フェルディナント1世を16年にボヘミア・ハンガリー王女アンナと婚約させている。…

※「フアナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フアナの関連キーワードフェルナンド2世(カトリック王)デスカルサスレアレス修道院ヒメネス・デ・シスネロスセバスティアン(待望王)バハカリフォルニア半島フェリペ1世(美麗王)フアナ イバルボウローバハカリフォルニア州メヒカリ(メキシコ)大麻と米国の大麻法制エリック モラレスエンリケ[4世]イバルボウローカール[5世]ウィノグランドカール(5世)チューラビスタマキラドーラカルロス王子ヒメアナナス

フアナの関連情報