発病(読み)はつびょう

精選版 日本国語大辞典「発病」の解説

はつ‐びょう ‥ビャウ【発病】

〘名〙 病気がおこること。病気になること。ほつびょう。
※江木鰐水日記‐安政三年(1856)一〇月一五日「蓋疝積病、不日而愈」
※不如帰(1898‐99)〈徳富蘆花〉下「発病(ハツビャウ)の時を思ひ」 〔漢書‐景十三王伝〕

ほつ‐びょう ‥ビャウ【発病】

〘名〙 病気がおこること。病気になること。はつびょう。
※運歩色葉(1548)「発病 ほつヒャウ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「発病」の解説

はつ‐びょう〔‐ビヤウ〕【発病】

[名](スル)病気が起こること。病気になること。「過労がもとで発病する」「発病率」
[類語]罹病罹患病む患う罹る寝つく病を得る重るこじれるこじらせる発症

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「発病」の解説

【発病】はつびよう

病む。

字通「発」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android