コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フアン1世 フアンいっせいJuan I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フアン1世
フアンいっせい
Juan I

[生]1358.7.20. エピラ
[没]1390.10.9. アルカラデエナレス
カスティリア=レオン王 (在位 1379~90) 。エンリケ2世の子。ポルトガル王フェルナンド1世 (端麗王) の娘ベアトリスと結婚し,フェルナンドの死 (83) 後,妻の王位継承権を主張してポルトガルに侵入したが,アルジュバロタの戦いに敗れ,ジョアン1世 (名王) の即位を承認した。たび重なる戦費の捻出をコルテスの都市代表に求めたため,都市代表の力が増大し,王国を財政的にも軍事的にも破滅させた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

フアン1世の関連キーワードフェルナンド(1世)(アラゴン王)フェルナンド1世(端麗王)エンリケ3世(病弱王)ジョン・オブ・ゴーントジョアン1世(名王)ペドロ4世(儀礼王)バターリャの修道院ジョアン(1世)ジョアン[1世]トラスタマラ朝

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フアン1世の関連情報