コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エンリケ2世 エンリケにせいEnrique II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エンリケ2世
エンリケにせい
Enrique II

[生]1333. セビリア
[没]1379.5.29. サントドミンゴデラカルサダ
カスティリア王 (在位 1369~79) 。トラスタマラ王家を創設。アルフォンソ 11世の庶子。庶出のために王座は異母弟のペドロ1世 (残虐王) に与えられた。エンリケは力で王座を奪う決心をして,フランスアラゴンなど外国で 10年間その機会の到来するのを待った。 1366年フランスのシャルル5世,アラゴン王,教皇ウルバヌス5世らの経済援助を受け,練達の傭兵を率いてカスティリアへ侵入,同年4月ブルゴスで王位についた。王位を追われたペドロはイングランド=カスティリア同盟に訴え,エドワード (黒太子) の支援によりいったんは復位した (67) 。しかしまもなく勢力を回復したエンリケが戻って,69年ペドロをみずから打ち破って殺し,再度念願の王位につき,71年には王国を完全に制圧した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

エンリケ2世の関連キーワード康暦建武新政日本におけるおもな時代区分河野通尭天授南北朝時代(日本)室町時代(年表)守邦親王赤橋英時赤橋守時