コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エンリケ2世 エンリケにせいEnrique II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エンリケ2世
エンリケにせい
Enrique II

[生]1333. セビリア
[没]1379.5.29. サントドミンゴデラカルサダ
カスティリア王 (在位 1369~79) 。トラスタマラ王家を創設。アルフォンソ 11世の庶子。庶出のために王座は異母弟のペドロ1世 (残虐王) に与えられた。エンリケは力で王座を奪う決心をして,フランス,アラゴンなど外国で 10年間その機会の到来するのを待った。 1366年フランスのシャルル5世,アラゴン王,教皇ウルバヌス5世らの経済援助を受け,練達の傭兵を率いてカスティリアへ侵入,同年4月ブルゴスで王位についた。王位を追われたペドロはイングランド=カスティリア同盟に訴え,エドワード (黒太子) の支援によりいったんは復位した (67) 。しかしまもなく勢力を回復したエンリケが戻って,69年ペドロをみずから打ち破って殺し,再度念願の王位につき,71年には王国を完全に制圧した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

エンリケ2世の関連キーワードフェルナンド1世(端麗王)セゴビアのアルカーサルペドロ4世(儀礼王)ペドロ1世(残虐王)カスティリア王国トラスタマラ朝ペドロ[1世]アルフォンソフアン1世

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android