コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コルテス Cortés, Hernán(Hernando)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コルテス
Cortés, Hernán(Hernando)

[生]1485. エストレマドラ,メデリン
[没]1547.12.2. セビリア付近カスティリェハデラクエスタ
スペインの探検家,メキシコ征服者。下級貴族の家に生れ,サラマンカ大学で法律を学んだのち,1504年ヒスパニオラ島へ渡り,11年 D.ベラスケス・デ・クエリャルのキューバ遠征に参加し,当時の首都サンチャゴの市長に任命された。 19年2月ベラスケス・デ・クエリャルの命令で五百余の兵を率いてメキシコへ向い,3月タバスコに上陸。さらに航海を続け,都市ベラクルスを建設,その地の総督となった。 11月アステカ帝国の首都テノチティトランへ到着,アステカ帝国の巨大な富を知り,帝国の侵略を決意,王モンテスマ2世を捕虜とした。 20年6月アステカ族の反撃を受けてかろうじて首都を脱出 (→悲しき夜 ) ,翌 21年8月に再占領,部下とともに広大な土地と多数のインディオを支配下におき,スペイン植民地の基礎を築いた。しかし,その巨大な富と権力をスペイン王室に危険視されて,26年統治権を奪われた。 28年帰国したコルテスは国王カルロス1世 (神聖ローマ皇帝カルル5世 ) に訴え,一時成功したようにみえたが,結局 35年副王制の確立によって完全に政治権力を失った。この間グアテマラやカリフォルニア半島などへ遠征隊を送った。 40年スペイン帰国後も国王に冷遇され,失意のうちに死んだ。

コルテス
Cortes

近代以前におけるスペイン・ポルトガル諸王国の身分制議会。近代のスペインでは国民議会をさす。コルテスとは元来「宮廷」の意味。最初は封建家臣会議であったが,13世紀後半から貴族,聖職者のほか都市代表を加えて身分制議会となった。レオンは 1188年,カスティリアは 1250年,ポルトガルは 54年,アラゴンは 74年,カタルニャは 83年,それぞれコルテスを開催。国土回復運動の過程において,国王は戦費と軍事力の援助を都市に依存し,また封建貴族に対抗する必要上,市民層の支持を必要としたことがコルテスの成立を促進したとみられる。最盛期は 14~15世紀。その後,都市代表は国王の権力と結びつき大衆から遊離してコルテスは衰退。 19世紀に入ると市民による議会としてコルテスが開かれた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

コルテス

スペインのコンキスタドール。下級貴族の出身で,インディアスに渡り,キューバ島征服に参加。1519年メキシコ遠征に出発,1521年アステカ王国を滅ぼし,1523年ヌエバ・エスパーニャ(メキシコ)総督となった。
→関連項目アクロバットクロニスタディアス・デル・カスティリョテノチティトランパロス・デ・ラ・フロンテラベラクルスマリンチェメキシコ(国)メキシコ(都市)モクテスマ[2世]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コルテス【Cortes】

中世から近世にかけてスペインの諸王国,ポルトガルで存続した身分制議会。西ゴート時代に起源をもつ,高位聖職者・高級貴族の代表によって構成された国王の封臣会議(クリア・レギア)に,都市代表の参加が原則となって成立した。その成立年代は,レオン1188年,カタルニャ1214年など,いずれも12~13世紀である。コルテスは,基本的に課税協賛権,立法請願権,王位継承への干渉権を有したが,その政治的実効は,各地の王権,聖職者・貴族,都市の社会的・経済的勢力関係によって,歴史的・地域的に異なる。

コルテス【Hernán Cortés】

1485?‐1547
スペインのコンキスタドールイダルゴ(下級貴族)の子としてスペインのエストレマドゥラ地方に生まれ,一時サラマンカ大学に学ぶ。1504年イスパニオラ島へ渡り,11年ディエゴ・ベラスケスとともにキューバ島征服に参加。18年,キューバ総督ベラスケスより第3次メキシコ沿岸地域遠征隊の隊長に任じられた。19年2月,出航停止令を無視し,スペイン人,インディオ,黒人など総勢600人余りの部下を率いてハバナを出港。

コルテス【Martín Cortés】

1533‐89
アステカ王国の征服者H.コルテスの子。第2代オアハカ盆地侯。メキシコのクエルナバカに生まれ,1540年スペインへ渡り,国王カルロス1世,ついでフェリペ2世に仕え,63年メキシコへ帰る。65年,コンキスタドールやその子孫の権利を剝奪し王権の確立を図るスペイン王室に対し,メキシコでは若いクリオーリョ(クレオール)を中心に反乱計画が練られ,コルテスはこの〈1565年の陰謀〉に加わったとみなされて逮捕され,インディアスから永久追放された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

コルテス【Hernán Cortés】

1485~1547) スペインのメキシコ征服者。1521年アステカ帝国を滅ぼし、現在のメキシコシティーを占領。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のコルテスの言及

【クエルナバカ】より

…快適な気候,周囲の山々と花の美しい観光都市。アステカ貴族の習慣に従って,コルテスもここに住み,宮殿を建設した。日本の〈二十六聖人〉の壁画のある聖堂,18世紀の銀山王ボルダの庭園がある。…

【大航海時代】より

… カリブ海地域でのこうした植民地経営の発足と並行して,新大陸本土への進出も試みられた。その最大のものは18年に始まったエルナン・コルテスのメキシコ遠征である。彼は19年アステカ王国を滅ぼし,莫大な黄金を入手した。…

【タバスコ】より

…巨大な戦士の顔を刻んだ石彫で有名なオルメカ文化開花の地。1518年にグリハルバJuan de Grijalva(1480?‐1527)が当地を探検し,19年H.コルテスがメキシコ征服のため,最初に原住民と衝突し,勝利した土地である。【栗原 尚子】。…

【チョルラ】より

…7世紀から12世紀初めまでトルテカの都アチョランとして繁栄し,その後も宗教的中心地であった。1519年,アステカ征服に向かうH.コルテスによって住民の大虐殺と都市の破壊がなされた。コルテスは当時の家屋数を2万と記録しているが,1931年以降の発掘で当時の全貌が明らかになりつつある。…

【マンサニヨ】より

…人口2万6000(1978)。1535年H.コルテスはここからカリフォルニア半島探検に出発している。植民地時代には,フィリピンとの交易の中継港として発達。…

【メキシコ】より

…その起源は1521年のスペイン人によるアステカ王国の征服にさかのぼる。スペインの征服者エルナン・コルテス自身,先住民の女性マリンチェとの間に子を残しているので,彼はその意味でも混血の国メキシコの祖といえよう。しかしその後,300年にわたる植民地時代は,スペイン人を支配者とし,先住民を被征服民とする階級差が大きい二元的社会であった。…

【モレロス[州]】より

…主要な産業はバルサス川支流域の農業で,米,トウモロコシ,コーヒー,サトウキビ,果実が主要な農産物。とくにサトウキビはH.コルテスによって新大陸のこの地に初めて導入され,この国を代表するサカテペックの製糖工場の起源となる。観光業も主要な産業で,クエルナバカがその中心。…

※「コルテス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コルテスの関連キーワードコルテス(Hernán Cortéz)ディアス・デル・カスティリョクエルナバカのカテドラルコルテス・ザ・キラーサン・ペドロ・スーラサン・ペドロ・スラコンキスタドーレスロペス・デ・ゴマラモクテスマ[2世]サン・ペドロ・スラモクテスマ(2世)サンペドロスーラコンキスタドレスメキシコシティーオトゥンバの戦いスポンティーニサンペドロスラクリア・レギアホンジュラス湾エンコミエンダ

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コルテスの関連情報