コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィスクス フィスクスfiscus

1件 の用語解説(フィスクスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィスクス
フィスクス
fiscus

ローマ皇帝の資金。帝室財庫と訳される。元来は籠を意味したが,当時は籠に貨幣を貯蔵したことから転じて勘定ないし資金をさすにいたり,共和政期には個人の資金,特に属州総督の管理する資金を意味した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のフィスクスの言及

【ローマ】より

…共和政期の関接税には,関税と5%の奴隷解放税が知られている。 元首政期になると,元老院管轄属州からの収益は従来通りサトゥルヌス国庫(アエラリウム・サトゥルニaerarium Saturni)に入ったが,皇帝管轄属州からの収益や国有地あるいは新設の税などの収益は皇帝金庫(フィスクスfiscus)に入った。間接税は帝政期に種類が多くなった。…

※「フィスクス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone