コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィスクス fiscus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィスクス
fiscus

ローマ皇帝の資金。帝室財庫と訳される。元来は籠を意味したが,当時は籠に貨幣を貯蔵したことから転じて勘定ないし資金をさすにいたり,共和政期には個人の資金,特に属州総督の管理する資金を意味した。さらに皇帝アウグスツス (在位前 27~後 14) の時代からは皇帝の自由にしうる公的・私的資金,およびこれらを管理する財務機構,またその長官もこう呼ばれた。その収入源については諸説あり,皇帝管轄属州からの収入,国民からの贈与,遺産などとされる。 (→パトリモニウム )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のフィスクスの言及

【ローマ】より

…共和政期の関接税には,関税と5%の奴隷解放税が知られている。 元首政期になると,元老院管轄属州からの収益は従来通りサトゥルヌス国庫(アエラリウム・サトゥルニaerarium Saturni)に入ったが,皇帝管轄属州からの収益や国有地あるいは新設の税などの収益は皇帝金庫(フィスクスfiscus)に入った。間接税は帝政期に種類が多くなった。…

※「フィスクス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フィスクスの関連キーワードアエラリウムツヤコバチ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android