フィセチン

化学辞典 第2版「フィセチン」の解説

フィセチン
フィセチン
fisetin

2-(3,4-dihydroxyphenyl)-3,7-dihydroxy-4H-1-benzopyran-4-one.C15H10O6(286.23).フラボノール類の一つ.西インド産のウルシ科Rhus cotinusやサイカチGleditsia japonica Miq.の心材に含まれる.黄色の針状晶.分解点348 ℃.λmax 248,319,362 nm.エタノール,酢酸エチル,アセトンに可溶,エーテル,石油エーテル,ベンゼン,クロロホルムに微溶,冷水に不溶.エタノール溶液は種々の金属,希土類の蛍光定量に用いられる.LD50 180 mg/kg(マウス,静注).[CAS 528-48-3]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「フィセチン」の解説

フィセチン
fisetin

化学式 C15H10O6 。 3,3',4',7 -テトラヒドロキシフラボンに相当する。分解点 300℃の黄色針状晶。 3,3',4',7 -テトラヒドロキシフラバノンに相当するフスチンとともにハゼノキの材から見出された。エチルアルコール,アセトン,酢酸などに溶けるが,水,エーテル,その他の有機溶媒には難溶である。ウルシ属,コチヌス属の心材にはこの色素を多量に含むものがあり,古く黄色染料として利用された。 (→フラボノイド )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

亡命

政治的,思想的,宗教的,人種的,民族的相違などから,迫害などの身の危険を回避するために本国から逃亡し,外国に庇護を求める行為をいう。教会および国家の支配層による弾圧を逃れてアメリカに渡った非国教徒たる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android