フィセチン(英語表記)fisetin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィセチン
fisetin

化学式 C15H10O6 。 3,3',4',7 -テトラヒドロキシフラボンに相当する。分解点 300℃の黄色針状晶。 3,3',4',7 -テトラヒドロキシフラバノンに相当するフスチンとともにハゼノキの材から見出された。エチルアルコール,アセトン,酢酸などに溶けるが,水,エーテル,その他の有機溶媒には難溶である。ウルシ属,コチヌス属の心材にはこの色素を多量に含むものがあり,古く黄色染料として利用された。 (→フラボノイド )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android