コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィックの拡散の第一法則 Fick's first law of diffusion

法則の辞典の解説

フィックの拡散の第一法則【Fick's first law of diffusion】

濃度勾配が時間に無関係な場合の拡散を記述した法則である.ある平面を横切って起こる拡散の速度は,拡散物質の,平面に垂直な方向における濃度の変化割合の符号を変えたものに比例する.濃度勾配を-dc/dx とし,時間 dt の間に単位面積の平面を通過して拡散する物質の量 dν とすると,

となる.この D拡散係数*という.単位はSI単位系ではm2s-1 である.別な表記法では

J=-D grad c

となる.ここで J は単位断面積を通過する物質の量(=dν/dt)である.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

フィックの拡散の第一法則の関連キーワードフィックの第一法則フィックの法則拡散係数

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android