フィッシャー家(読み)フィッシャーけ(英語表記)Vischer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィッシャー家
フィッシャーけ
Vischer

15~16世紀にニュルンベルクを中心に活躍したドイツの彫刻家,鋳物師の一家。
(1) 大ヘルマン  Herman der Ältere  ?~1488.1.13. ニュルンベルク 
ニュルンベルクに鋳造所を開設。作品はウィッテンベルク市聖堂の洗礼盤。
(2) 大ペーター  Peter der Ältere   1460頃.ニュルンベルク~1529.1.7. ニュルンベルク 
大ヘルマンの子。父の工房を継承しドイツ・ルネサンス最大のブロンズ彫刻家といわれた。作品『聖ゼバルドゥスの墓』 (1508~12,14~19,ニュルンベルク,ザンクト・ゼバルドゥス聖堂) 。
(3) 小ヘルマン  Herman der Jüngere   1486頃~1517 
小ペーター  Peter der Jüngere   1487~1528 
ハンス  Hans   1489頃~1550 
大ペーターの息子たちで,小ヘルマンは墓板に,小ペーターは小彫刻に本領を発揮し,ハンスはニュルンベルク市役所構内の『アポロの泉』などを制作。ほかに大ペーターの息子にヤコブ,パウルスがおり,5人兄弟は父の『聖ゼバルドゥスの墓』の制作に協力した。 1530年工房はハンスにより継承されたが,50年彼の死とともに消滅した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android