コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィッツジェラルド‐ローレンツの仮説 Fitzgerald-Lorentz hypothesis

1件 の用語解説(フィッツジェラルド‐ローレンツの仮説の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

フィッツジェラルド‐ローレンツの仮説【Fitzgerald-Lorentz hypothesis】

光速度が一定であること,すなわちエーテルの存在が否定されることを示したマイケルソン‐モーリーの実験結果に対して,エーテル中の移動速度が検出できなかったのは,マイケルソン‐モーリーの実験装置がちょうどその運動を打ち消すだけの短縮効果を受けたためであるとした仮説.これはフィッツジェラルド(1893)とローレンツ(1895)がそれぞれ独立に提案したものである.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フィッツジェラルド‐ローレンツの仮説の関連キーワードエチルエーテル窒素平衡等加速度運動メチルエーテル啓閉恒温石油エーテルタコメーターグリセリルエーテル面積原理

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone