コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィッツジェラルド‐ローレンツの仮説 Fitzgerald-Lorentz hypothesis

法則の辞典の解説

フィッツジェラルド‐ローレンツの仮説【Fitzgerald-Lorentz hypothesis】

光速度が一定であること,すなわちエーテルの存在が否定されることを示したマイケルソン‐モーリーの実験結果に対して,エーテル中の移動速度が検出できなかったのは,マイケルソン‐モーリーの実験装置がちょうどその運動を打ち消すだけの短縮効果を受けたためであるとした仮説.これはフィッツジェラルド(1893)とローレンツ(1895)がそれぞれ独立に提案したものである.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android