コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィブリノペプチド fibrinopeptide

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィブリノペプチド
fibrinopeptide

フィブリノーゲンがフィブリンに変化するにあたって,前者から切取られてくるペプチド断片をフィブリノペプチドという。フィブリノーゲンのα鎖およびβ鎖のN末端から,それぞれフィブリノペプチドAとBが,トロンビンの作用によって分離してくる。A鎖,B鎖とも 10~20個ほどのアミノ酸から成るが,切取られたあとは不要なペプチド断片であるため種による変異が比較的大きく,分子レベルでの進化研究の好材料の一つとされて,各種哺乳類,特に偶蹄類の間で詳しい比較がなされた例がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

フィブリノペプチドの関連キーワードプロトロンビン線溶現象

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android