コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィヤング(費揚古) フィヤング Fiyanggū

1件 の用語解説(フィヤング(費揚古)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィヤング(費揚古)
フィヤング
Fiyanggū

[生]順治2(1645)
[没]康煕40(1701).北京
中国,清初の武将。満州正白旗の人。ドンゴ (棟鄂) 氏の出身。父はヌルハチ (奴児哈赤) 時代に来帰したオショ (鄂碩) 。 14歳で父の三等伯爵を継ぎ,三藩の乱平定に活躍し,その功により領侍衛内大臣兼火器営総管に任じられ,議政大臣となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フィヤング(費揚古)の関連キーワードエヌ康熙・康煕康熙字典・康煕字典康熙帝・康煕帝康熙綴じ・康煕綴じ没・歿勃・歿・没康熙帝三角数

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone