コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィヤング(費揚古) フィヤングFiyanggū

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィヤング(費揚古)
フィヤング
Fiyanggū

[生]順治2(1645)
[没]康煕40(1701).北京
中国,清初の武将。満州正白旗の人。ドンゴ (棟鄂) 氏の出身。父はヌルハチ (奴児哈赤) 時代に来帰したオショ (鄂碩) 。 14歳で父の三等伯爵を継ぎ,三藩の乱平定に活躍し,その功により領侍衛内大臣兼火器営総管に任じられ,議政大臣となった。その後ジュンガル部のガルダン (噶爾丹) がハルハに侵入したのを康煕 29 (1690) 年にウラン・プトゥンで撃破。なおもガルダン防衛のため同 32年安北将軍,同 34年撫遠大将軍となった。翌年康煕帝の親征の先鋒となり,ガルダンをジョーン・モド (昭莫多) に討伐した。同 36年にその功で一等公に封じられたが,まもなく病没した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

フィヤング(費揚古)の関連キーワードグロチウスディーメンスペックスラーコーツィ家アダム・シャールハンザ同盟都市ヴィスビューグロティウスロトルーキッドグロティウス

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone