先鋒(読み)せんぽう

精選版 日本国語大辞典「先鋒」の解説

せん‐ぽう【先鋒】

〘名〙 (「せんぼう」とも。「」はきっさきの意)
先陣として進むもの。戦闘の時、先頭を切って進むもの。さきて。さきがけ。前鋒
※空華集(1359‐68頃)一二・贈義石了上人帰武州詩序「策先鋒之勲覇王之業者夥矣」
※近世紀聞(1875‐81)〈染崎延房〉三「我々先鋒(センポウ)為さんと請ふ者幾百人と云ふを知らず」 〔新唐書‐薛仁貴伝〕
② 行動や主張などの先頭を切って進むもの。先鋒者。
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉三「其当時反対者の先鋒でこそ無かったが」
剣道柔道などの団体競技で、最初に対戦する人。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「先鋒」の解説

せん‐ぽう【先×鋒】

戦闘の際、部隊の先頭に立って進むもの。さきて。「先鋒隊」
運動・主張などの先頭に立つもの。「革新派の先鋒となる」「急先鋒
剣道や柔道などの団体戦で、最初に戦う人。→次鋒中堅副将大将

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「先鋒」の解説

【先鋒】せんぽう

先陣。先軍。〔漢紀、高祖紀二〕項王齊を伐ち、身自ら版(はんちく)をひて、以て士卒の先と爲る。大王宜しく悉(ことごと)く淮南を擧げて、身(みづか)ら先鋒と爲るべしと。

字通「先」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の先鋒の言及

【先陣】より

…本陣の前方に設けたことに由来し,進撃の最先端を意味した。別に先鋒(せんぽう),前備(さきそなえ)とも称した。陣とは本来,参内公卿の列座する場所を意味したが,これより転じて後世,兵士の屯営するところを陣と称した。…

※「先鋒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android