コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェイフォ Fai Fo

1件 の用語解説(フェイフォの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

フェイフォ【Fai Fo】

ベトナム中部,旧クアンナム省の省都ホイアンHoi Anの古名。17世紀初頭,クアンナム(広南)朝がフエに都して以来,トゥーラン(現,ダナン)とともに国際貿易港として栄えた。とくにこの市の日本人町朱印船貿易によって繁栄し,伊勢の豪商角屋七郎兵衛をはじめ,多くの日本人が移住した。市中の来遠橋は別に日本橋と呼ばれ,郊外には〈日本平戸顕考弥次郎兵衛谷公之墓〉(1647建),〈日本考文覧具足君墓〉(1689建)が残るという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone