コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阮文岳 げんぶんがくRuan Wen-yue; Nguyên Van-Nhac

2件 の用語解説(阮文岳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阮文岳
げんぶんがく
Ruan Wen-yue; Nguyên Van-Nhac

[生]?
[没]1793
ベトナム黎朝末期,タイソン党の乱の首謀者阮氏3兄弟の長兄。弟は文呂,文恵。徴税吏であったが,税金を賭博に使い,タイソンに逃れて 1771年に反乱を起した。鄭氏を黎朝とともに滅ぼし,87年ベトナムを3分し,みずからは中央皇帝として広南,平順を治め,文呂を東定王として嘉定を,文恵を北平王としてユエ (順化) ,乂安を支配させた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

阮文岳
げんぶんがく / グエンバンニャク
(?―1793)

18世紀後半のベトナムにおいて、黎(れい)朝(レ朝)の名目的支配下で鄭(てい)(チン)・阮(げん)両氏が対抗していたときに乱を起こし、のちタイソン(西山)朝を建てた人物。クイニョン(帰仁)の西方タイソン村の出身。初め小商人、ついで税吏となったが、徴収した税金を消費して逃亡、1771年弟の阮文呂(グエン・バン・ルウ)、阮文恵(グエン・バン・フエ)とともに乱を起こした。73年クイニョンをとり、ここを根拠地として阮氏を攻め、77年これを滅ぼし、翌年自立して皇帝を名のり、タイソン朝を建てた。その後86年には弟の文恵に北征させ、鄭氏を滅ぼし、全土を3兄弟で分け、クアンナム(広南)以北を文恵(北平王)に、南部を文呂(東定王)に与え、自らはクアンガイ(広義)からビントアン(平順)までの中部をとり、中央皇帝と称した。[藤原利一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

阮文岳の関連キーワード上田秋成ジャコバン憲法バンデーの反乱サラブレッド若宮丸漂流民連邦議会の拡張函館港若宮丸渡辺崋山アジソン

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone