コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェイヨル

2件 の用語解説(フェイヨルの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

フェイヨル

ファヨール

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

フェイヨル【Henri Fayol】

1841‐1925
経営管理論の祖とされるフランスの企業経営者。正しくはファヨールと読む。リヨンに生まれ,リヨンの大学予備校を経てサンテティエンヌの鉱業学校を卒業。コマントリー・フールシャンボー・デカズビ社に入り,鉱山技師から取締役になり1918年退社。その経験をもとに形成された彼の管理論は,(1)活動計画を頂点とする各種の全体的管理を明らかにしたものであり,(2)管理の価値的側面に重点を置き,今日の予算管理の基礎をなし,(3)個人差のある人間の集団の管理の理論を中心にしている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のフェイヨルの言及

【経営・経営管理】より

…したがって経営管理は,正確には経営―管理というべきであろう。
[フェイヨルの管理論]
 フランスでは,H.フェイヨルがコマントリー・フールシャンポール炭鉱株式会社の社長などの経験を基礎にしながら,《産業ならびに一般の管理論L’administration industrille et générale》(1916)を著した。彼はここで,管理が,大小を問わず,工業,商業,政治,宗教,その他事業の違いを問わず,きわめて重要な役割を果たしている,と主張する。…

※「フェイヨル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フェイヨルの関連キーワード管理会計経営管理経営者労務管理RM経営管理学修士JIMA運営管理機関藻利重隆

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone