コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェイヨル

百科事典マイペディアの解説

フェイヨル

ファヨール

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フェイヨル【Henri Fayol】

1841‐1925
経営管理論の祖とされるフランスの企業経営者。正しくはファヨールと読む。リヨンに生まれ,リヨンの大学予備校を経てサンテティエンヌの鉱業学校を卒業。コマントリー・フールシャンボー・デカズビ社に入り,鉱山技師から取締役になり1918年退社。その経験をもとに形成された彼の管理論は,(1)活動計画を頂点とする各種の全体的管理を明らかにしたものであり,(2)管理の価値的側面に重点を置き,今日の予算管理の基礎をなし,(3)個人差のある人間の集団の管理の理論を中心にしている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のフェイヨルの言及

【経営・経営管理】より

…したがって経営管理は,正確には経営―管理というべきであろう。
[フェイヨルの管理論]
 フランスでは,H.フェイヨルがコマントリー・フールシャンポール炭鉱株式会社の社長などの経験を基礎にしながら,《産業ならびに一般の管理論L’administration industrille et générale》(1916)を著した。彼はここで,管理が,大小を問わず,工業,商業,政治,宗教,その他事業の違いを問わず,きわめて重要な役割を果たしている,と主張する。…

※「フェイヨル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フェイヨルの関連キーワードテーラー

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android