コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェニレフリン フェニレフリンphenylephrine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェニレフリン
phenylephrine

C9H14ClNO2 。ネオシネフリンともいう。メタヒドロキシ-ω-クロロアセトフェノンメチルアミンとを希釈アルコール中で反応させて合成する。交感神経興奮作用をもつので,部分的血管収縮瞳孔散大,鼻孔充血除去などに用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フェニレフリン【phenylephrine】

交感神経興奮薬の一つ。アドレナリンとよく似た化学構造をもち,とくにα‐アドレナリン作動性受容体に対する選択性が高い薬物として知られる。末梢血管の収縮による血圧上昇作用が強く,持続的である。フェニレフリンの塩酸塩とその溶液は,日本薬局方アメリカ薬局方などに収載されており,急性低血圧の昇圧薬,鼻づまりの点鼻液,瞳孔散大のための点眼薬などとして使われる。【粕谷 豊】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のフェニレフリンの言及

【自律神経薬】より

…交感神経興奮薬は作用のしかたのうえから次の3群に大別される。(1)直接受容体に結合して作用を現す薬物(直接型作用薬)で,ノルアドレナリン,アドレナリン,イソプロテレノール,メトキサミン,フェニレフリンなどがこれに属する。(2)交感神経終末からノルアドレナリンを放出させて作用を現す薬物(間接型作用薬)で,チラミン,アンフェタミンなどがある。…

※「フェニレフリン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone