コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瞳孔散大 どうこうさんだい

1件 の用語解説(瞳孔散大の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

瞳孔散大【どうこうさんだい】

散瞳とも。瞳孔は生理的には暗い所で散大するが,病的には動眼神経麻痺(まひ),緑内障アトロピン点眼などによる瞳孔括約筋の弛緩(しかん),または驚き,痛みなどの精神的・知覚的な刺激,コカイン点眼などによる瞳孔散大筋の緊張によって起こる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

瞳孔散大の関連キーワード散瞳瞳孔散大瞳孔反射散瞳剤生理的塩類液ヴェストファール‐ピルツ現象(臨床医学)ガラッシ瞳孔現象眼輪筋現象ピルツ‐ヴェストファール現象

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone