コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェレーニヒンク フェレーニヒンクVereeniging

1件 の用語解説(フェレーニヒンクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェレーニヒンク
Vereeniging

南アフリカ共和国北東部,ハウテン州南部の工業都市ヨハネスブルク南方約 50km,自由州との州境をなすバール川北岸,標高 1400mに位置。1892年建設。ウィットウォーターズランド鉱工業地帯の南縁にあたり,鉄鋼を中心に,燃料,耐火煉瓦農業機械など国内有数の工業が立地。付近にはバール大発電所がある。1902年,南アフリカ戦争終結のフェレーニヒンク条約が結ばれた地。人口 7万9630(2001)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone