コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェーブス フェーブスPhöbus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェーブス
Phöbus

ドイツの劇作家ハインリヒフォンクライストが友人アダムミュラードレスデンで共同編集した月刊文芸誌。 1808年1月~09年2月に 12号まで発行。ゲーテらの寄稿を得られず,ほとんど2人で執筆,クライストの『ミヒャエル・コールハース』『こわれ甕』 (一部) なども掲載された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フェーブスの関連情報