コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェーメ裁判 フェーメさいばんFemegericht

世界大百科事典 第2版の解説

フェーメさいばん【フェーメ裁判 Femegericht】

ドイツのウェストファーレン地方に出現し,とくに13世紀から15世紀中葉までの間に大きな活動をなした特異な類の裁判。この裁判の担い手であった裁判所を〈フェーメ裁判所〉という。〈フェーメ〉とはここでは刑罰の意であり,この裁判所は,王直属の一種の刑事裁判所である。そこではもはや一般民衆の参加がないことから,〈秘密裁判所〉とも称される。1名の裁判長と7名の審判人とにより裁判が行われるが,審判人は,同時に,死刑相当の犯罪の容疑者の弾劾人として機能する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報