コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェーメ裁判 フェーメさいばんFemegericht

1件 の用語解説(フェーメ裁判の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

フェーメさいばん【フェーメ裁判 Femegericht】

ドイツのウェストファーレン地方に出現し,とくに13世紀から15世紀中葉までの間に大きな活動をなした特異な類の裁判。この裁判の担い手であった裁判所を〈フェーメ裁判所〉という。〈フェーメ〉とはここでは刑罰の意であり,この裁判所は,王直属の一種の刑事裁判所である。そこではもはや一般民衆の参加がないことから,〈秘密裁判所〉とも称される。1名の裁判長と7名の審判人とにより裁判が行われるが,審判人は,同時に,死刑相当の犯罪の容疑者の弾劾人として機能する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone