フエゴ火山(読み)ふえごかざん(英語表記)Volcán Fuego

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フエゴ火山
ふえごかざん
Volcn Fuego

中央アメリカのグアテマラ南部、首都グアテマラ市の西南西約45キロメートルにある同国の代表的活火山。標高3736メートル。安山岩質の成層火山で、1524~1987年に数十回噴火し、1963、71、74年には死傷者が出た。爆発型噴火が特徴だが、しばしば溶岩流を出し、ときには溶岩円頂丘や火砕流も生ずる。1999年5月に12年ぶりにストロンボリ式噴火(粘性の低い玄武岩質マグマの間欠的爆発による噴火)が始まり、9月まで続いた。また12月下旬から翌2000年1~2月にかけて活動の活発化を示すデータが観測され、火山灰が飛散した。[諏訪 彰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フエゴ火山の関連情報