コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諏訪 スワ

8件 の用語解説(諏訪の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

すわ【諏訪】[地名]

長野県中部、諏訪湖畔の市。近世は諏訪氏の城下町。時計・カメラなど精密工業が盛ん。上諏訪温泉諏訪大社上社本宮がある。人口5.1万(2010)。

すわ【諏訪】[姓氏]

姓氏の一。
[補説]「諏訪」姓の人物
諏訪哲史(すわてつし)
諏訪根自子(すわねじこ)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

すわ【諏訪】

長野県中部の市。近世、諏訪氏の城下町、甲州街道の宿場町。ハイテク・精密工業が盛ん。また、諏訪湖畔に上諏訪温泉や諏訪大社がある。

すわ【諏訪】

姓氏の一。古代から信濃国一の宮諏訪神社の大祝家。鎌倉期は御家人・得宗被官として権勢をふるった。戦国時代は小笠原氏・武田氏と争い、一時武田信玄に滅ぼされるが、武田氏滅亡後復活。江戸期に諏訪郡高島に封ぜられた。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

諏訪の関連情報