溶岩円頂丘(読み)ようがんえんちょうきゅう(英語表記)lava dome

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

溶岩円頂丘
ようがんえんちょうきゅう
lava dome

粘性の高い溶岩からなる釣鐘型をなす火山鐘状火山塊状火山トロイデ溶岩ドームともいう。噴火によって地表に出たマグマ(一般に流紋岩,デイサイト)が山腹まで流れず,火口付近に盛り上がって形成された火山地形の一種。カルデラ内に噴出した中央火口丘寄生火山として存在し,比較的小規模で,高度は数百mのものが多い。日本では成層火山に次いで多く,箱根山二子山雲仙岳の噴火によって出現した平成新山などがこの例。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ようがん‐えんちょうきゅう〔‐ヱンチヤウキウ〕【溶岩円頂丘】

粘性の大きい溶岩が火口上に盛り上がったドーム状の火山。高さ数百メートルまでのものが多い。箱根山駒ヶ岳など。溶岩ドーム。鐘状火山。トロイデ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

溶岩円頂丘【ようがんえんちょうきゅう】

トロイデ,鐘状火山,塊状火山とも。粘性の大きな溶岩からなり急傾斜の側面をもつ丘状の火山。火口の真上に溶岩が押し出されるにつれてでき,規則正しい流理構造をもつ。箱根火山の二子山,浅間火山の小浅間山,昭和新山などがその例。
→関連項目火山火山岩尖溶岩

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ようがんえんちょうきゅう【溶岩円頂丘 lava dome】

粘性の大きな溶岩が火道からゆっくり押し出されて火口上に盛り上がり,側方にもふくらんで固化して生じた単成火山。基底直径1km以下,比高300m程度の小型のものが多い。溶岩の粘性が小さいほど釣鐘状から乳房状,洗面器を伏せた形へと横に広がる外形を示す。外形にほぼ調和してタマネギのような同心球殻状の内部構造(流理)をもつ。頂部は必ずしも円滑ではなく,小さな凹凸や環状のへこみがある。山麓には崖錐が発達する。単独に存在することはまれで,側火山や中央火口丘として生じた例が多く,またほぼ同時期に双子山として生じた例もある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ようがんえんちょうきゅう【溶岩円頂丘】

粘性の高い溶岩から成るドーム状の火山。箱根の二子山など。鐘状火山。塊状火山。溶岩ドーム。トロイデ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

溶岩円頂丘
ようがんえんちょうきゅう

火山形態の一種。溶岩ドームと同語。古くはトロイデ、鐘状火山などとよばれた。流紋岩、デイサイトや安山岩のごく粘り強い溶岩が地表に押し出し、火口上に盛り上がってドーム状の丘をなす。
 1991年(平成3)から95年にかけて長崎県雲仙普賢岳(うんぜんふげんだけ)の山頂にデイサイト質の溶岩ドームが形成された。長さ1.2キロメートル、幅0.8キロメートル、比高約450メートルの大きさをもつ。地表に噴出せず、地下で固まり、地表をドーム状に盛り上げたものを潜在円頂丘(潜在ドーム)という。1944年(昭和19)から45年にかけて形成された有珠(うす)山の昭和新山は潜在ドームの頂部の一部が地表に顔を出したものである。
 玄武岩質の溶岩でも固まりかけて粘性が高くなると溶岩ドームをつくる。溶岩ドームと厚い溶岩流との境は明確ではない。溶岩が次々と表面につけ加わって大きくなる外成的な成長の仕方と、溶岩が次々に内側に注入して大きくなる内成的な成長の仕方がある。北海道樽前(たるまえ)山頂、神奈川県足柄下(あしがらしも)郡湯河原(ゆがわら)町の幕山(まくやま)、鳥取県の大山(だいせん)のほか、伊豆諸島の新島(にいじま)や神津(こうづ)島にも存在する。[中田節也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の溶岩円頂丘の言及

【火山】より

…溶岩が流出する噴火では,噴出口から溶岩流lava flowが出て固まった軽微なものもあり,溶岩の粘性が大きければ噴出口の上に高く盛り上がって円い丘をつくる。これを溶岩円頂丘lava domeという。とくにほとんど固まった状態の溶岩が塔のように突出して噴き出してくる場合には火山岩尖(火山尖塔)volcanic spineという。…

【火山】より

…その群には,(1)側火山群や後カルデラ丘群(中央火口丘群)などのように複成火山に付随したり,その一時期を示すもの,(2)複成火山とは無関係で単成火山だけで群をなすもの,の2種がある。(2)の例は男鹿半島の一ノ目潟,二ノ目潟などの目潟群(マール群),伊豆半島東部やフランスのオーベルニュにあるスコリア丘,溶岩円頂丘,マールなどの火山群など,大陸地域や島弧の内側に多い。このようなものを独立単成火山群と呼ぶ。…

※「溶岩円頂丘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

溶岩円頂丘の関連情報