コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォシッシェ・ツァイトゥング(英語表記)Vossische Zeitung

世界大百科事典 第2版の解説

フォシッシェ・ツァイトゥング【Vossische Zeitung】

ドイツの高級新聞。1721年ベルリンで創刊され,最初は《ベルリーニッシェ・プリビレギールテ・ツァイトゥングBerlinische Privilegierte Zeitung》と題したが,51年にフォスC.F.Vossが発行を引き継いでから,〈Vossische Zeitung(フォスの新聞)〉と呼ばれるようになり,1912年から正式の題号となった。1751‐55年にG.E.レッシングが文化欄の編集責任者を務め,みずからも寄稿して,紙面の向上に貢献した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android