コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォス フォス Vos, Cornelis de

6件 の用語解説(フォスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フォス
フォス
Vos, Cornelis de

[生]1584? フルスト
[没]1651.5.9. アントウェルペン
フランドルの画家。 1608年アントウェルペンで親方として登録。その後ルーベンスの工房で制作。ファン・ダイクの友人。明るい色調と優雅で誠実な描写で上流階級に広く顧客をもった。主要作品『アブラハム・グラフェウス』 (1602,アントウェルペン王立美術館) ,『画家とその家族』 (21,ブリュッセル王立美術館) など。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

フォス
フォス
Voss, Johann Heinrich

[生]1751.2.20. ゾンマースドルフ
[没]1826.3.29. ハイデルベルク
ドイツの詩人,翻訳家。「ゲッティンゲン林苑同盟」 Göttinger Hainbundの中心人物。 1776~80年『ゲッティンゲン詩神年鑑』 Göttinger Musenalmanachを発刊。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

フォス【Johann Heinrich Voss】

1751‐1826
ドイツの詩人。〈ゲッティンゲン森の詩社〉の同人。極貧の小作人の子として,《農奴》(1774)等でドイツ抒情詩に社会告発の風刺的傾向を加えた。後に,《七十歳の誕生日》(1780)等の明るい田園詩の世界へ移った。最も重要な業績は翻訳で,彼の《オデュッセイア》(1781),《イーリアス》(1793)によって,ホメロスは初めてドイツ人のものになったといわれる。晩年はロマン主義文学に敵対,孤立した。【長屋 代蔵】

フォス【Lukas Foss】

1922‐
ドイツ生れのアメリカの作曲家,指揮者。1937年渡米,カーティス音楽学校で学び,さらにクーセビツキーに指揮,ヒンデミットに作曲を学んだ。53‐62年カリフォルニア大学ロサンジェルス校作曲科教授,63‐70年バッファロー・フィルハーモニー管弦楽団音楽監督,72年よりイスラエル交響楽団指揮者など各地での指揮活動を通じて,20世紀音楽の紹介に努めている。初期の新古典主義的作風を示す作品として,カンタータ《大草原》(1942)があり,調性を捨てセリー管理された偶然性を用いる50年代以降の作品に,ソプラノ管弦楽のための《タイムサイクル》(1960),室内楽のための《エコイ》(1963),テープ音を用いる《チェロ協奏曲》(1966)などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

フォス【Fos】

フランス南部、地中海に臨む港湾都市。ローヌ川の河口付近に位置し、精油・石油化学・製鉄などの工業が発達。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フォス
ふぉす
Johann Heinrich Voss
(1751―1826)

ドイツの詩人。メクレンブルクの生まれ。ゲッティンゲン詩派に加わり、1775年以降は『ゲッティンゲン文芸年鑑』の編集者。シラーが、その小市民的な生活感情の素朴さを絶賛した『ルイーゼ』(1795)にみられる田園詩形式を得意とし、古典期のゲーテにも影響を及ぼした。またホメロスの精神をみごとに再生させたドイツ語訳『オデュッセイア』(1781)、『イリアス』(1793)の翻訳家としても知られる。[新保弼彬]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のフォスの言及

【コラージュ】より

…こうした用語は1960年代になって登場してきたもので,もともとは美術用語からの転用である。たとえばL.フォスの《バロック変奏曲》では,第1楽章ではヘンデルの合奏協奏曲,第2楽章ではスカルラッティのソナタ,第3楽章ではバッハのパルティータの断片を引用して奏する。それに弦楽器のグリッサンドなどの現代的な手法を重ねたりして,集積し,コラージュしながら,原曲をまったく異なった世界へとかたちづくる。…

※「フォス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フォスの関連キーワードバーンスタインレマルクアメリカ アメリカアメリカの影パリのアメリカ人不安の時代ドラティグレーデナーシャーリフルトヴェングラー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フォスの関連情報