コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォトトロピー phototropy

世界大百科事典 第2版の解説

フォトトロピー【phototropy】

ある種の物質に光を照射すると変色し,照射を中止すると元の色に戻る可逆的な現象。フォトクロミズムphotochromism,光可逆変色などともいう。1899年にマルクワルドW.Marckwaldはテトラクロロ‐β‐ケトジヒドロナフタレンの結晶に光を照射すると変色することを発見し,この現象をフォトトロピーと呼んだ。その後この現象は,溶液中の数多くの有機化合物についても起こることが見いだされた。機構的には,ある種の分子が光を吸収して,(1)シス‐トランス間の幾何異性化を起こしたり,(2)分子内で,ある原子の位置が著しく異なる互変異性化を起こしたり,また(3)結合切断による安定な遊離基や遊離イオン生成などの化学変化を起こすことなどによって,光の吸収スペクトルが変化するが,照射を停止すると熱的に元の分子に戻ることによる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フォトトロピーの関連キーワードフォトクロミック色素

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android