コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォトトロピー phototropy

1件 の用語解説(フォトトロピーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

フォトトロピー【phototropy】

ある種の物質に光を照射すると変色し,照射を中止すると元の色に戻る可逆的な現象。フォトクロミズムphotochromism,光可逆変色などともいう。1899年にマルクワルドW.Marckwaldはテトラクロロ‐β‐ケトジヒドロナフタレンの結晶に光を照射すると変色することを発見し,この現象をフォトトロピーと呼んだ。その後この現象は,溶液中の数多くの有機化合物についても起こることが見いだされた。機構的には,ある種の分子が光を吸収して,(1)シス‐トランス間の幾何異性化を起こしたり,(2)分子内で,ある原子の位置が著しく異なる互変異性化を起こしたり,また(3)結合切断による安定な遊離基や遊離イオン生成などの化学変化を起こすことなどによって,光の吸収スペクトルが変化するが,照射を停止すると熱的に元の分子に戻ることによる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フォトトロピーの関連キーワードフォトクロミズム食品照射二次X線照射肉照射ポリエチレン放射線照射光磁気効果光カー効果光ホール効果フォトクロミック効果

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone