コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォンディ フォンディFondi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フォンディ
Fondi

古代名フンディ Fundi。イタリア中西部,ラツィオ州ラティナ県,ローマ南東約 110kmにある町。古代ウォルスキ人の町で前 188年ローマ市民権を獲得,アッピア街道要衝であった。カエクバ酒の産地として有名になる。中世は教皇領,ナポリ王国領など変遷を繰返し,サラセン人の略奪により衰微柑橘類の果樹園地帯。トマス・アクィナスが教授をしていたドミニコ会修道院がある。人口3万 1122 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

フォンディの関連キーワードクレメンス7世ウルバヌス6世細胞性変形菌類ソテル

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フォンディの関連情報