教皇領(読み)きょうこうりょう(英語表記)Stato pontificio

  • church state
  • きょうこうりょう ケウクヮウリャウ
  • きょうこうりょう〔ケウクワウリヤウ〕
  • 教皇領 Papal States

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ローマ教皇が主権者として支配する国土。ペテロの遺産と呼ばれるローマ教会所有地を起源とし,754年フランク王ピピン (小ピピン) がラベンナ総督府を寄進し,これらが基礎となった。 11世紀に偽イシドール文書中のコンスタンチヌスの寄進状に基づいて領土の拡大をはかり,トスカナ南部,カンパーニャ,ウンブリアを獲得した。さらに 13世紀末までにマルケ,ロマーニャ地方も支配下に入れて広大な領域とした。しかし 14世紀の教皇のアビニョン移住と諸侯の覇権争いは教皇領の統一性を著しく弱めることになった。 16世紀以来教皇のもとで中央集権化の試みが徐々に進行したが,18世紀末フランス軍の占領を背景に一時チザルピーナ共和国ローマ共和国に編成された。ウィーン会議によって教皇領が再建されたあと,1831年にロマーニャ地方で革命が起り,さらに 49年に再びローマ共和国が成立したが短命に終った。しかしイタリア統一運動が進むなかで,60年ロマーニャ,マルケ,ウンブリアが住民投票でサルジニア王国への合併を決め,教皇領の大部分はイタリア王国に吸収された。 70年ローマもイタリア王国に併合されて,教皇領はバチカン界隈だけとなり,教皇とイタリア国家の対立が始ったが,1929年ファシズム政権と結んだラテラノ条約により教皇が主権を持つバチカン市国の成立が認められて,現在にいたっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ローマ教皇の主権下にある領土をいい,英語でPopal States。古代からたび重なる寄進その他によって拡大,最盛期には中部イタリアの大部分を領有したが,フランス,イタリアなどによる併合を経て,1929年,固有の教皇領としてのバチカン市国が成立した。
→関連項目ピピン[3世]メッツォジョルノラチオ[州]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ローマ教皇の世俗的所領としてその主権下にある領土をいい,現在のバチカン市国にいたるまで一種の独立国家を形成した。その起源は5~6世紀の教皇たちがローマおよびその周辺の自領をサン・ピエトロ大聖堂に寄進したことに始まる。ユスティニアヌス帝のゴート戦役によってイタリアに対するビザンティン帝国の直接支配が回復された後のローマ教皇は,行政区ローマ・ドゥカトゥスの長として皇帝に対し統治上の責任を負っていたが,教会寄進地は皇帝特権によって租税を免じられた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 ローマ教皇が聖ペテロの遺産として領有する領土。一八六〇年以前はローマを中心に中部イタリアに約四万七千平方キロメートルあったが、イタリアの統一にあたって次々と縮小。一九二九年ラテラン協定により、ローマ市内のバチカン宮殿周辺に限定された。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社世界史事典 三訂版の解説

ローマ教皇が世俗君主と同じような支配権をもった領土
最盛期にはイタリア中部の広大な領域を占めた。8世紀ピピンがラヴェンナなどを寄進したことをはじめとして,中世において教皇が世俗君主に対して優位に立つ経済的基礎となった。ナポレオン戦争からイタリアの統一の時期にかけて漸次縮小され,イタリア王国との間に対立が続いたが,ムッソリーニとの間に結ばれたラテラン条約(1929)によって,ヴァチカン市だけの支配が認められた。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内の教皇領の言及

【イタリア】より

…この結合は,カロリング朝断絶後弱まったが10世紀のオットー1世以降ふたたび強化された。カロリング家のピピンによって半島の旧ビザンティン領がローマ教皇に寄進され,教皇領の基礎がつくられたことも重要である。西ヨーロッパ全域に影響力を持つ宗教的権威が世俗的領域的な権力として半島内に存在することは,その後の歴史に大きな影響を及ぼした。…

【ラチオ[州]】より

…8世紀に入るとビザンティンの力が衰え,ローマを中心とするローマ公領は教皇の影響下に置かれた。756年,小ピピンが旧ビザンティン領を教皇に寄進し,教皇領の基礎がつくられた。9,10世紀はイスラム教徒とマジャール人がイタリアへ侵入し,ラチオにも及んだ。…

※「教皇領」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ぴえん

悲しみの涙や嬉し泣きを表すネットスラング。「ピエーン」と声を上げながら泣いている様子を表す顔文字が語源とされ、軽い調子の文章で用いられる。女子中高生を中心にSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

教皇領の関連情報