コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォントキャッシュ ふぉんときゃっしゅ

1件 の用語解説(フォントキャッシュの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

フォントキャッシュ

フォント情報から、表示や印刷のために展開されたビットマップイメージを一時的に格納しておくメモリー領域。WindowsなどのGUI環境では、ディスプレイプリンター解像度に合わせてフォントのビットマップイメージを展開(作成)している。そこで文字の描画を効率的に行うため、一度展開した文字のビットマップイメージはフォントキャッシュに一時保管し、同じ文字の描画は保管したビットマップイメージを使うようにしている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フォントキャッシュの関連キーワードアウトラインフォントCIDフォントシステムフォント等幅フォントPDFビットマップフォントTrueTypeサムネールセグメント情報フォントメモリー

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone