フォントネー(英語表記)Fontenay

世界大百科事典 第2版「フォントネー」の解説

フォントネー【Fontenay】

フランス中部,コート・ドール県の村。シトー会の総帥クレルボーのベルナールにより1119年に創設された,クレルボー修道院支院(娘修道院)がある。同院は16世紀まで300人以上の修道士を数えたが以後衰退し,フランス革命後製紙工場と化す。20世紀初頭,建造当時の姿に再興され,シトー会修道院の全体構成(回廊,集会室,寝室,食堂等)を伝える。修道院教会(1147)は,彫刻色彩等いっさいの華美を排したシトー会の建築理念をよく表している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

秋の名残

秋の趣を感じさせる最後のもの。冬になっても残っている秋の趣。《季・秋》※堀河百首(1105‐06頃)冬「いかばかり秋の名残をながめまし今朝は木葉に嵐吹かずは〈源俊頼〉」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android