コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォントネー Fontenay

世界大百科事典 第2版の解説

フォントネー【Fontenay】

フランス中部,コート・ドール県の村。シトー会の総帥クレルボーのベルナールにより1119年に創設された,クレルボー修道院の支院(娘修道院)がある。同院は16世紀まで300人以上の修道士を数えたが以後衰退し,フランス革命後製紙工場と化す。20世紀初頭,建造当時の姿に再興され,シトー会修道院の全体構成(回廊,集会室,寝室,食堂等)を伝える。修道院教会(1147)は,彫刻や色彩等いっさいの華美を排したシトー会の建築理念をよく表している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

フォントネーの関連キーワードエコール・ノルマル・シュペリウールフォントネーのシトー会修道院ピエール ボナールフォントネー修道院ルドリュ=ロランシニャフスキーオードセーヌ県フォーシーユロタール1世ベルダン条約ブルゴーニュラプラードラリオノフコンペレーラブレーボナールIRPAマロ

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android